"スマホ定期"鉄道に拡大

☆PDFはこちら☆

 ウェルネット株式会社(代表取締役社長:宮澤一洋、本社:東京都千代田区、以下「ウェルネット」)は、2018年4月1日より、ウェルネットが展開する"バスもり!"上で北海道旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:島田修、所在地:北海道札幌市、以下「JR北海道」)の石北線・釧網線の一部エリアを対象として、スマホで定期券が購入でき、スマホ画面が定期券の取り扱いを開始いたします。


【サービス概要】

"スマホ定期券"導入により、駅へ行かなくても、クレジットカードや、コンビニエンスストア、銀行ATM、ネットバンクでのお支払が可能となるため、24時間「いつでも」「どこでも」「スマートに」スマホ上の簡単な操作だけで定期券を購入できるようになります。

 ■対象券種:通勤大人(1・3・6ヶ月)・通学一般(1・3・6ヶ月)・通学高校(1・3・6ヶ月)
  ※通学一般・通学高校の定期券で本サービスを利用する場合には、事前に学校事務への申込みをしていただく
   ことで本人確認が出来る仕組みとし、駅窓口への「通学証明書」の提出は不要となります。
 ■対象区間:石北線(西留辺蘂~網走)・釧網線(緑~網走)
 ■実施時期:2018年4月1日



"スマホ定期券"導入区間イメージ
区間.png

【"スマホ定期券"の使用方法】
定期券.png

【定期券表示イメージ】 定期画像.png


1. 乗降時に上記定期券の内容をスマホに表示させ、係員に提示していただきます。
2. 偽造防止のため、"スマホ定期券"の画面中央にある乗り物が右から左へスクロールする仕様になっており、
  一定期間経過後に乗り物の「色」が変わります。
3. 定期券は利用日から表示され、有効期間を過ぎるとスマホ画面上に表示されなくなります。


【北海道旅客鉄道株式会社】http://www.jrhokkaido.co.jp/index.html
 代表者:代表取締役 島田 修
 設立 :1987年4月1日
 本社所在地 :北海道札幌市中央区北11条西15丁目1-1
 事業内容 :(1)旅客鉄道事業
       (2)旅客鉄道事業に附帯する事業
       (3)その他の関連事業


このサービスを全国の鉄道・バス事業者に提案し適用路線の増加を図ってまいります。
今後もウェルネットは、決済サービスとその先にある利用者や事業者、時代のニーズにあわせた"あったら便利なしくみ"を作り続けることで社会に貢献いたします。



連絡先.png