業界初のオンライン在籍確認による学割サービス開始
~スマホで学割料金での高速バス乗車券購入が可能に~

☆PDFはこちら☆

 ウェルネット株式会社(以下ウェルネット、代表取締役社長:宮澤 一洋、本社:東京都千代田区)は、高速バス乗車券の検索・予約・購入アプリ「バスもり!」で学生の在籍確認をオンライン認証で行うサービスを実用化いたしました。
 学割利用時の学生の在籍確認に、学術認証フェデレーション「以下学認」*1を活用した高速バスチケットの予約・購入を、2017年12月1日より順次開始いたします。
 これにより、「バスもり!」上で学生証明を行うことが可能となり、乗車時に学生証を確認する運用なく、学生への割引販売が可能となります。


全体スキーム.png

【サービスの概要】
 高速バスの学生割引チケット「学認割」の予約・購入を、販売窓口に行くことなく、オンライン認証で行うことができます。
 従来の学割は、購入または乗車時に、学生証を提示し在籍証明を行う対面確認で、オフラインでの証明であり、必ず人手を介さなければ適用が行えないというネックがありました。
 この在籍確認に学認を活用することで、スマートフォン上で学生証明を行うことができ、またバスもり!上で実現することで、スマートフォン1つで、いつでも、どこでも、高速バスチケットの予約・購入を行うことができます。
 実用化にあたり、「学認割」を提供するバス会社は11社、「バスもり!」と連携する教育機関は、7大学、3高等専門学校の計10校での開始を予定しております。



   ※1 学術認証フェデレーション(学認)とは
      学術認証フェデレーションとは、全国の大学等と国立情報学研究所(NII)が連携して構築する
     認証連携基盤です。各機関はフェデレーションが定めた規程(ポリシー)を信頼しあうことで、
     相互に認証連携を実現することが可能となります。認証連携を実現することができれば、
     学内でのシングルサインオン(一つのID・パスワードであらゆるシステムが利用可能であること)を
     実現することが可能になるとともに、他大学や商用のサービスにおいても1つのパスワードを利用し、
     かつID・パスワードの再入力を行わずに利用できる環境を実現することができます。
     ウェルネットは2017年2月18日から、サービスプロバイダとして学認に参加を認められています。
     https://www.gakunin.jp/



【利用イメージ】
学認割適用路線
① 「バスもり!」で高速バスを検索し予約する路線の料金プランから学認割を選択
② 表示される、利用許諾に合意して「学認割」で購入する場合、「同意する」を選択
③ 学認の参加機関一覧画面で所属機関を選択
④ 各所属機関の認証画面でログイン
⑤ 「バスもり!」に認証連携が行われ、在籍している学生かどうかを確認、学生の場合にチケット予約が行える
画面遷移図.png
【導入予定】 (順不同)
■バス会社
西武バス株式会社 2017年12月1日
長電バス株式会社 2017年12月1日
アルピコ交通株式会社 2017年12月
千曲バス株式会社 2018年2月
北海道中央バス株式会社 2018年2月
阿寒バス株式会社 2018年2月
くしろバス株式会社 2018年2月
道南バス株式会社 2018年2月
北都交通株式会社 2018年2月
株式会社中国バス 2018年2月
とさでん交通株式会社 2018年2月

■教育機関 (順不同)
国立大学法人 電気通信大学
国立大学法人 信州大学
国立大学法人 名古屋工業大学
国立大学法人 大阪大学
国立大学法人 広島大学
国立大学法人 愛媛大学
学校法人    千葉工業大学
国立高等専門学校機構 釧路工業高等専門学校
国立高等専門学校機構 苫小牧工業高等専門学校
国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校

 ※導入予定に記載のバス会社および教育機関は、予告なく変更となる可能性がございます。予めご了承ください。


今後ウェルネットはバス会社、教育機関との提携を拡大し、具体的に役立つフィンテックスキームのプラットフォームを拡充させていきます。


連絡先.png