バスもり!のプロモーションを目的としたラジオ番組
『バス旅(タビ)スト』がスタート!~ウェルネット×日本大学芸術学部×TOKYO FM~

☆PDFはこちら☆

 ウェルネット株式会社(代表取締役社長:宮澤 一洋、本社:東京都千代田区、「ウェルネット」)は、2017年10月1日(日)より、バスの需要喚起およびバスのイメージ向上や、「バスもり!」アプリのプロモーションを目的としてTOKYO FMをはじめとするジャパンエフエムネットワーク系列全国38局ネットで、毎週日曜日12時00分~12時25分に、ラジオ番組『バス旅スト』の放送を開始いたします。


ロゴ、教授.png 【番組概要】

 『バス旅スト』は、ウェルネット・日本大学芸術学部・TOKYO FM3者による産学共同連携により制作いたします。これからの放送コンテンツ制作を目指す若者たちが集う日本大学芸術学部という場にチャンスを提供していきたい、というウェルネットの思いからこのプロジェクトは生まれました。

 番組の企画構成、取材、演出はもとより、出演者も含め、日本大学芸術学部の教職員、OB及び在学生を中心に、TOKYO FMと共同で番組制作を行ってまいります。


 番組のパーソナリティをつとめる日本大学芸術学部放送学科教授・森中慎也が、バスの旅を愛する人々"バスタビスト"を紹介しながら、バス旅の楽しさや豆知識、旅先の情報、旅を彩る音楽などを紹介していく番組です。毎週バスの話をもりもりする森中教授、周囲からは「バスもり!教授」と呼ばれています。 番組はバスもり!教授のレクチャーで進みつつ、そこにさまざまな「バスタビストたちのドラマ」が挿入されていきます。さらには毎週紹介する路線の最新バス旅情報や、便利な高速バス検索・予約・購入スマホアプリ「バスもり!」を利用した、高速バスのスムーズな予約方法、お得な割引キャンペーンなどのお役立ち情報も番組内でアナウンスしていきます。


 初回は京都から近鉄バスが運行するひなたライナーという夜行バスに乗って大阪、神戸を経由しながら、宮崎県延岡市、宮崎市へと向かう旅。宮崎ならではの「音」を聴きながら、ラジオでバスの旅へと出かけましょう!


 また『バス旅スト』は、旅先でしか聴けない現地の「音」を大切にしたいと考えています。電車が到着するのは駅。飛行機なら空港。ともに大きな建造物の内部です。一方、バスの場合は、土地の人々の暮らしのすぐそばにある路上です。つまり、降り立った瞬間にその旅先でしか出会えない「音」に出会えるのがバス旅の大きな魅力です。バス旅は、いわば「音を観にいく旅」。日本全国バス旅で出会った音を聴きながら番組は走り続けていきます。



【番組概要】
  ◇タイトル: 『バス旅スト presented by ウェルネット』
  ◇放送時間:  毎週日曜日 12:00-12:25 ※初回放送は2017年10月1日(日)
  ◇放送局 : TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット
  ◇放送内容: バスもり!教授となおこ助手が、毎週バスの旅をこよなく愛する
        自由気ままな「バスタビスト」たちを紹介しながら、
        「バス旅」の魅力を発信していく番組です
  ◇番組HP: http://www.tfm.co.jp/bustabi/ ◇提供: ウェルネット



バスもりLP.PNG

 ※2016年8月にリリースいたしました高速バス予約・購入・乗車スマホアプリ「バスもり!コンシェルジュ」は
  2017年10月より「バスもり!」にサービス名称ならびにロゴデザインを変更いたします。


 今後もウェルネットは、バス旅がさらに便利になるバスもり!アプリを通じて、バス旅をバス会社とともに盛り上げていきます。10月1日(日)からの放送を、どうぞご期待ください。




連絡先.PNG