会社概要 沿革

 

1983年 4月 設立
1996年 7月 商号をウェルネット株式会社に変更
1998年 2月 資本を2,000万円に増資
3月 「コンビニ収納代行システム」で通産省より新規事業法に認定される
4月 資本を3,000万円に増資
5月 資本を3,300万円に増資
9月 千代田区内神田に東京オフィスを開設・営業部を東京に移転
10月 「日本オンライン大賞奨励賞」受賞
1999年 2月 日経BP社主催「第二回ECグランプリ"企業間EC部門賞"」受賞
3月 北海道より「中小企業創造活動促進法」に認定される
7月 資本を8,804万円に増資
10月 本社を札幌市中央区に移転
2000年 5月 マルチメディアキオスク利用「新収納代行システム払王(現在の「マルチペイメントサービス」)」開発完了・リリース(ダイエーオーエムシー様「払王」導入・運用開始)
6月 MMSシステムセンターを札幌市厚別区テクノパークに開設、24時間有人監視体制確立
7月 航空券キャッシュチケットレススキーム稼動(ANA、JAL、JAS)
8月 東京営業部を拡張。千代田区有楽町1-9-4蚕糸会館に移転
2001年 3月 マルチメディア端末利用「高速バスチケット代金収納代行&チケット発券システム」稼動。阪急バス様・四国高速バス様・JR四国様サービス開始
4月 マルチメディア端末利用決済システムをファミリーマートに拡大
2002年 4月 日本情報処理開発協会のプライバシーマークの認定を取得
5月 札幌市厚別区下野幌テクノパーク1丁目に社屋取得。札幌3拠点(本社・情報システム部・開発センター)を統合し「業務部」発足。本格的なデータセンターとして稼動開始
7月 携帯チケット(サービス名称を後刻「電子認証」に変更)を日本武道館13,000名コンサートで実用化
2003年 1月 資本金を2億3,576万円に増資
1月 ペーパーレス決済システム"払王"を銀行ATMと接続
7月 サークルケイ・サンクス(全店舗)POS~WELLNETサーバー間双方向通信システム完成、ケータイ決済開始。これによりマルチペイメントサービス決済拠点が約26,000に拡大
7月 搭乗券発行用二次元コード発行サービス開始
11月 資本金を3億1,662万円に増資
2004年 1月 マルチペイメントサービスを拡充、銀行ネットバンキング・モバイルバンキングと接続
5月 ケータイチケットを高速バスチケットにて実用化
9月 資本金を4億4,787万円に増資
12月 JASDAQ市場に上場
12月 資本金を5億7,223万円に増資
2005年 2月 マルチペイメントサービス セブン-イレブン(セブン決済)に拡大
6月 マルチペイメントサービス りそな銀行及び埼玉りそな銀行ATMと接続
10月 デジタルコンテンツ用PINのオンライン発行システム稼動
12月 ケータイチケットによる空港バスチケットの購入・乗車サービス(95bus.com)開始
2006年 2月 マルチペイメントサービス 三井住友銀行のATMに拡大
4月 マルチペイメントサービス 郵便局ATMに拡大
4月 Amazon.co.jpにマルチペイメントサービス提供開始
6月 マルチペイメントサービス ミニストップに拡大
6月 マルチペイメントサービス イーバンクと接続
7月 マルチペイメントサービス デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストア、タイムリーに拡大
12月 マルチペイメントサービス ジャパンネット銀行と接続
2007年 3月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証取得
3月 ソニー銀行向けに「Edyチャージソリューション」を提供
5月 Amazon向けに「Edy決済」を提供
10月 テクノロジー企業成長率ランキング第5回「日本テクノロジー Fast50」で13位を受賞
11月 三井住友銀行とEC決済ビジネスで戦略的提携
12月 第1回「ハイ・サービス日本300選」を受賞
2008年 3月 アフラックに決済サービスを提供
5月 Jリーグ全試合対象観戦記録システム(ワンタッチパス)に電子認証システム提供開始
6月 招待イベント「Re-style LIVE VOL.5 Withチーム・マイナス6%」にケータイチケットサービス採用
8月 楽天オークションに決済サービスを提供
8月 Google adWordsに決済サービスを提供
10月 「日本テクノロジーFast50」で1位を受賞
12月 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー FAST500」で42位受賞
12月 札幌ドーム様チケットレス入場認証サービスにケータイチケットサービスを提供
2009年 1月 「ネットDE受取サービス」の開始
2月 ソフトバンク・ペイメント・サービスに「マルチペイメントサービス」を提供
3月 営業部を拡張し、東京都千代田区内幸町に東京オフィスを移転
6月 株式交換による株式会社一髙たかはしの完全子会社化及び本社移転の完了
7月 財団法人日本漢字能力検定協会主催 日本漢字能力検定(漢検)のコンビニ受付開始
8月 財団法人日本英語検定協会主催 実用英語技能検定(英検)のコンビニ受付開始
8月 大手予備校の模擬試験 コンビニ申込み受付開始
10月 株式会社アールビーズ(旧ランナーズ)に電子決済サービス提供
10月 「日本テクノロジーFast50」で22位を受賞
12月 株式会社サイサン、電子請求・決済サービスを採用
2010年 2月 大学出願から検定料決済を同時にコンビニで行えるサービスを提供
2月 高橋はるみ北海道知事が札幌社屋を視察、意見交換
6月 連結子会社株式会社一髙たかはしの全株式を株式会社サイサンに譲渡
7月 楽(らく)バスにネット決済・Web乗車券システムを提供
10月 経済大臣表彰受賞(電子決済、電子チケットで情報化促進に貢献)
2011年 2月 サークルKサンクスにて「おみせdeツーハン」を提供開始
2月 マルチペイメントサービス じぶん銀行と接続
2月 マルチペイメントサービス スリーエフに拡大
4月 マルチペイメントサービス 住信SBIネット銀行と接続
7月 高速バスチケット販売サービス「バスコン」サークルKサンクスで開始
7月 株式会社ナノ・メディアを連結子会社化
7月 株式会社Eストアーとの業務提携
9月 アルビレックス新潟に電子チケット・電子認証サービス提供開始
9月 リンク栃木ブレックス(JBL)に電子チケットサービス提供開始
10月 高速バスチケット販売サービス「バスコン」ローソンで開始
2012年
1月 Peach Aviationにマルチペイメントサービス提供開始
3月 トヨタ自動車アルバルク(JBL)に電子チケットサービス提供開始
3月 日立サンロッカーズ(JBL)に電子チケットサービス提供開始
4月 ハウステンボス㈱に電子チケット・電子認証サービスを提供開始
4月 ジェイアールバス"高速バスネット"のチケット取扱いを開始
6月 申込受付から電子認証までワンストップで提供するサービス「SUPER SUB」提供開始
7月 ベネッセコーポレーションにマルチペイメントサービス提供開始
7月 マルチペイメントサービスにてiD、Suica決済開始
7月 佐川急便に三井住友銀行と共同開発したネットDE受取サービス提供開始
8月 サイバーエージェント(パシャオク)にネットDE受取サービス提供開始
2013年
1月 エアアジア・ジャパンにマルチペイメントサービス提供開始
1月 阪神甲子園球場に電子チケットサービス提供開始
2月 セブン-イレブンにて高速バスチケット発券開始
3月 ANAにネットDE受取サービス提供開始
3月 京浜急行バスにネット決済、WEB乗車券システムを提供
5月 東京空港交通(リムジンバス)にコンビニでのチケット発券サービス提供開始
5月 株式会社ナノ・メディアを株式交換により非連結化
6月 セイコーマートにマルチペイメントサービス提供開始
8月 中期経営3か年計画発表
8月 PeachAviationにネットDE受取サービス提供開始
10月 「コンビニ現金受取サービス」の開始
2014年
2月 JASDAQから東京証券取引所第二部へ市場変更
12月 東京証券取引所市場第二部から市場第一部へ指定変更
12月 バスIT化ソリューション「バスもり!」の提供開始
2015年
6月 北海道内4高専の学生を支援する「道新みらい君・ウェルネット奨学金」の開始
2016年
6月 株式分割(1:2)の実施
6月 「道新みらい君・ウェルネット奨学金」への追加寄付
8月 中期経営5か年計画発表
8月 スマホアプリ「バスもり!」サービス開始
10月 「東海大学」で日本で初めて入学手続・納付をWEB化
12月 JRバスグループが「スマホチケット」導入
2017年
3月 JR バス3 社と共同し、「バスもり!」で「スマホ定期券」を提供
4月 ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」にマルチペイメントサービスを提供
5月 「JR西日本・JR九州」にマルチペイメントサービスと送金サービスを提供開始
6月 大学向け「WEB入学手続ソリューションサービス」の提供開始
6月 「道新みらい君・ウェルネット奨学金」への追加寄付
8月 「支払秘書」サービス開始
9月 監査等委員会設置会社へ移行
12月 「バスもり!」で学割チケット「学認割」を提供開始
2018年
1月 北海道中央バスに「バスもり!」の学割チケット「学認割」を提供開始
1月 JR北海道に「バスもり!」の「スマホ定期券」を提供開始~鉄道業界に初提供~
3月 西鉄バスに「バスもり!」の「スマホ回数券」を提供開始
3月 京急バス(横浜駅(YCAT・横浜ベイシェラトン)~羽田空港線)にて「バスもり!」の「スマホ定期券」を提供開始
4月 北海道中央バスにて「バスもり!」の学割機能「学認割サービス」を提供開始