導入事例

  • フェリーさんふらわあ 様

    株式会社商船三井が西日本において展開するフェリー事業のリーディングカンパニー

    株式会社フェリーさんふらわあ 様のマルチペイメントサービス導入事例


    「船に泊まろう。」をキャッチフレーズに、船内イベント、キャラクタールームの販売、各交通機関とのコラボ企画、自治体や地元施設と提携して地方創生へ積極的に取り組まれている、株式会社フェリーさんふらわあ(以下、フェリーさんふらわあ)。そのバックオフィスを支える、旅客営業部 営業企画室 課長 俊成泰民 様と、窓口業務をご担当されている、株式会社関汽交通社 南港フェリー営業所 係長 大道和伸 様をたずねた。

    ☆PDF版ダウンロードはこちら☆

    俊成様、大道様.png
    (左から)株式会社関汽交通社 南港フェリー営業所 係長 大道和伸 様、株式会社フェリーさんふらわあ 旅客営業部 営業企画室 課長 俊成泰民 様

    -従来の課題は?

    通常窓口でのチケット販売業務は、複数人体制で対応しているものの、GW、夏休みなどの繁忙期には窓口での混雑から、行列の発生などでお客様をお待たせしてしまうことが多々ありました。さらに、クレジットカードでの決済増加に伴い、事前決済をご希望されるお客様が増えてきているにもかかわらず、対応できていないことでご不便をおかけしているのではないかとの思いもありました。


    のりば窓口風景.png

    -サービス導入によって、改善されたことは?

    本サービスをご利用されているお客様については、窓口でチケットを見せるだけで現金取り扱いが不要になったことから、これまでお支払いの対応に使っていた時間を、お客様へのご案内にあてることが可能になりました。特に繁忙期に窓口が大混雑し、大行列とならないよう、今年のお盆、来年のお正月には、事前に予約いただいたすべてのお客様に、事前決済へと促す取り組みを行う予定です。


    -導入にあたっての決め手は?

    グループ会社である商船三井フェリーにて導入している実績があり、実際に運用して好評だったことから、同様の悩みを抱えていた当社でもスムーズに取り組むことができました。


    -今後のウェルネットに対して期待することは?

    将来的には、年間を通してすべての予約・決済を事前に済ませられるようにしたいと考えています。加えて、チェックインも自動化し、乗船までの流れをさらに簡素化することで、これまでご利用機会のなかった乗り場から離れた地域にお住まいの方にも安心感を持ってご乗船いただき、リピーターを増やしていけるような、サービス向上に繋がるご提案を期待しています。


    こばると船体.png

    このように、お客様満足度の向上や徹底した安全運航体制が、より多くの方へ船旅の魅力をお伝えするとともに、株式会社フェリーさんふらわあ 様の更なるブランド力強化に繋がることだろう。そうした取組みをウェルネットはこれからもサポートしていきたい。


    記載のデータや肩書きは、2015年4月3日現在のものであり、
    将来変更されている可能性があることをご了承ください。


    【株式会社フェリーさんふらわあ 会社概要】ロゴ.png

    本店所在地所 大分市
    本部事務所 神戸市東灘区向洋町東3-21
    ホームページ http://www.ferry-sunflower.co.jp/